トレース 科捜研法医研究員の追想 漫画 ネタバレ【リアルに迫る、最高のサスペンス】

ネタバレ前にすぐに読みたい方はこちらをクリック♪

無料立ち読みは”まんが王国”をクリック

▽   ▽   ▽

クリック!!

>>まんが王国 <<

トレース』で検索すると出てきます

 

 

トレース 科捜研法医研究員の追想 ネタバレ【元・科捜研の方が描く、最高にリアルな物語】

まずこの作品の先生・古賀 慶先生。

 

古賀慶先生は元・科捜研の方です。

 

 

科捜研とは、火曜サ○ペンス劇場でもおなじみ、

被害者の為でもなく、警察組織の為でもなく、

 

ひたすら真実の究明のために存在する機関になります。

 

そんな元・科捜研の作者が描くこの作品。

トレース 科捜研法医研究員の追想』は

描写の細部さやその心理描写を丁寧に語っており、

フィクションでありながら、最もリアルに近い作品となっております。

 

 

蛇足的ですが、

警察アルアルのようなネタもあります。

例えば・・・

 

警察職員の飲酒は、

 

平日休日問わず、「飲酒届」の提出が必須。

二次会は厳禁。

 

などなど、一般人ではわからないルールが紹介されたりします。

 

 

おススメ度:★★★★★

 

 

漫画名 トレース 科捜研法医研究員の追想
作画・原作 古賀慶
ジャンル サスペンス・ミステリー
配信話数 2巻まで

 

 

トレース 科捜研法医研究員の追想 ネタバレ  ダイジェエスト

作品は全てネタバレしていきますが、

この記事では各話の軽い概要を書いていきます。

 

 

【第01話 / 真実の欠片】

 

強盗殺人。

被疑者はいるが、証拠がない。

 

被疑者の当時の服から真実を暴きだす。

 

 

【第02話 / 居心地のいい言葉】

かわいそうで見ていられない。

人間らしい感情。

でも研究員には不要な感情。

かわいそうだなどど居心地のいい言葉で、

 

その眼を背けてはいけない。

 

 

【第03話 / 誰の言葉も信じない 前編】

ひきこもりの長男が父親を刺殺。

ささやかれる噂。

 

ー 男手ひとつで子供を育てる良い父親

 

そんな言葉に何の意味がある。

 

 

【第04話 / 誰の言葉も信じない 後編】

日のあたる場所に出た真実。

どれだけおぞましくても、

どれだけ希望を孕んでも、

 

それが真実であるならば。

 

有るべき真実を、ただここに。

 

 

トレース 科捜研法医研究員の追想 感想

1巻は科捜研の仕事の内容やその思想や、

その『危うさ』が描かれています。

 

そしてやはり、元・科捜研の先生なだけあって

警察用語は当然として、繊細な描写も圧巻。

 

 

サスペンス系のドラマを見る時なんか、

すらすら頭に入ってくるくらい濃厚な作品。

 

 

 

本編が読みたい方は

▽   ▽   ▽

まんが王国をクリック!!

>>まんが王国 <<

トレース」で検索。